真言宗の教え


弘法大師空海の写真

 

真言宗は、弘法大師空海(こうぼうだいしくうかい)(774~835)によって開かれました。その教えは自分自身が本来持っている「仏心(ぶっしん)」を、「今このとき」に呼び起こす即身成仏(そくしんじょうぶつ)に求められます。

 

それは、自分自身を深く見つめ、

「仏のような心で」「仏のように語り」「仏のように行う」という生き方です。

 

その教えとともに、人々がともに高めあっていくことで、理想の世界である密厳仏国土(みつごんぶっこくど)が実現します。

 


大日如来の写真

真言宗のご本尊様は大日如来(だいにちにょらい)です。

大いなる智慧(ちえ)と慈悲(じひ)をもって、すべてのものを照らす根本の仏さまです。

また、仏教に多くを存在する仏さますべてを、ひとつも否定することなく、それぞれ大切に考えます。

 

全ての仏さまは大日如来につながると考えます。

 

そのための真言宗寺院の本尊はさまざまです。宝幢院では延命地蔵菩薩様です。

 

 


真言宗豊山派

 

 

真言宗豊山派の宗紋である

「輪違(わちがい)」は仏さまと私たち衆生(しゅじょう)は、もとは同じで異なることはない 

”凡聖不二(ぼんじょうふに)”という教えをあらわしています。